カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

【第2類医薬品】動脈硬化の妙薬 麻耶養命散(まやようめいさん) 1ヵ月分(93包)


動脈硬化とはどんな病気なのか?

動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、Atherosclerosis)

動脈が肥厚し硬化した状態を動脈硬化といい、

これによって引き起こされる様々な病態を動脈硬化症という。

動脈硬化の種類にはアテローム性粥状動脈硬化、

細動脈硬化、

中膜硬化などのタイプがあるが、

注記のない場合はアテローム性動脈硬化を指すことが多い。

アテローム動脈硬化症は、脂質異常症(従来の高脂血症)

糖尿病、

高血圧、

喫煙などの危険因子により生じると考えられ、

最終的には動脈の血流が遮断されて、

酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、

脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる。
最近では、

動脈硬化症の原因と考えられている脂質異常症や、

危険因子がなんらかの基盤で集積した状態である

メタボリックシンドロームについての研究が盛んである。

出展 ウィキペディア

注意:動脈硬化の原因と言われる生活習慣病

生活習慣病を本当に知っていますか?


生活習慣病という概念は、食習慣、運動習慣、喫煙・飲酒習慣など、

個人での対処が可能な生活習慣要因によって発病する病気で、

生活習慣病の予防は、幼少時からの適正な生活習慣の保持と、

青年期から中高年期における不適性な生活習慣の是正に

よって行なわれます。

生活習慣病にはどんなものがあるのでしょうか?


65歳以上の老年人口は年々増加し、

ともなって生活習慣病での受療率も当然に増加します。

このような対策から、生活習慣病も早期の認識と、

個人としての生活習慣の適正化が求められています。


■ 生活習慣病


食習慣、運動習慣、喫煙・飲酒習慣などが、

その発症・進行に関与する次の疾病が上げられています。


2型糖尿病、

肥満、

高脂血症、

高尿酸血症、

循環器官疾患、

大腸癌、

高血圧症、

肺偏平上皮癌、

慢性気管支炎、

肺気腫、

アルコール性肝障害、

歯周病、

骨粗鬆症


なぜ、ここまで、

生活習慣病が増加したのでしょうか?


その鍵は食生活の変化にありました。

 
食習慣と関連が深いとされる疾病には次のようなものがあります。


高血圧症、高脂血症、虚血性心疾患、脳卒中、

大腸癌、乳癌、胃癌、糖尿病、骨粗鬆症


エネルギーの過剰摂取は肥満をもたらし、

肥満は高血圧、糖尿病、虚心性疾患など

様々な疾病の大きな要因となっています。


また、食生活の変化では穀物の減少がそのまま脂肪の増加となり、

肥満から高血圧症、高脂血症、虚血性心疾患、

糖尿病のリスクファクターになっています。

運動習慣の変化。

歩かない生活。運動は足りていますか?


生活習慣のために運動することが減少しています。

このような中で、生活習慣病の予防として、

運動習慣は非常に注目をされるところで、

健康的な肥満の防止も、

運動習慣を中心として組み立てられるべきです。


生活習慣の適性化は、主体としては食生活の適正化と

運動によるエネルギー消費の適正化に求められます。


喫煙と飲酒で、体に負担をかけていませんか?


  タバコは多くの有害物質を含むことから、

がんや虚血性心疾患、慢性気管支炎、

肺気腫などの危険因子となっています。


また、過度の飲酒は肝障害の原因となり、

また、アルコール依存症は身体と精神に大きな影響をもたらします。


このような個人嗜好による健康被害こそが、

まず最初に積極的に改善することが求められます。


悪いことが絡み合って、

さらに悪化になります。

生活習慣病とシンドロームXとの関係


内臓肥満、高血圧、高脂血症、そして糖尿病などの病態は

別々に進行するものではなく、

これらの疾患はシンドロームXと呼ばれるように

インスリン抵抗性を共通項とした関連性を持った病気です。


高血圧や糖尿病などの個々の疾患を治療しても、

共通部分を改善しないかぎり高血圧、高脂血症、

そして糖尿病などの生活習慣病の改善につながらないことを暗示しています。


例えば、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)の発症は、

糖尿病、高血圧、高脂血症を多重に持つ患者に多く、

単一疾患の重症患者よりも危険度が高くなり、

糖尿病、高血圧、高脂血症の境界型異常値を同時に持つと、

異常値の少ない場合と比較して心臓病になる

危険率は32倍になると指摘されています。


生活習慣病には和漢生薬製剤が効果的



生活習慣病の予防は、

セルフメディケーションの領域であり、

さらに和漢生薬製剤は生活習慣病の予防と改善に優れた効果を発揮します。


1 : 和漢生薬製剤は予防(未病)が本来得意とする領域です。


2 : 配合生薬の数が多いことで、多くの成分を含み、

作用が多岐にわたります。


3 : 高齢者は代謝機能の低下で副作用も発現しやすい状態に

ありますが、

和漢生薬製剤は生薬成分が

微量であることから副作用発現が低率です。


 
このように、和漢生薬製剤は生活習慣病の改善に優れた作用を発揮し、

生薬のみの製剤ですので、

安全性が高いという特徴があります。


だから、漢方をおすすめします。

ところで、生薬ってなに?


生薬の定義は「薬用にする目的を持ち、

植物、動物、鉱物などの天然物の一部を乾燥、

または簡単な加工を施したもの」とされています。


生薬には主に植物生薬と動物生薬がありますが、

大部分が植物生薬で、生薬の材料になる植物は「薬用植物」と呼ばれています。

薬用植物は生薬のこと?

薬用植物をそのまま薬として使うものもありますが、

ほとんどが薬効成分の含まれている部分(根、種、葉、茎、皮、果実等)を

乾燥させて粉末にしたり、

煎じて飲んだり、

布に浸して患部あてたり、

煎じたものを乾燥させたエキスとして服用したりします。


また、同じ薬用植物でも部分(根、種、葉、茎、皮、果実等)に

よって薬効が異なることもあり、

それぞれの生薬名が使用されています。


生薬の薬効ってどんなもの?


1つの生薬は薬効が1つとは限りません。

たいていの生薬は複数の薬効を持っています。

また生薬を合せることにより効果が強くなったり、

逆に弱くなったり、中には全く違った薬効を示す場合があります。


生薬に副作用はないのですか?

漢方薬だから副作用はないとよく言われますが、

これは正しい理解ではありません。

どんな薬でも症状、体質等の違いによって薬効に差が出たり、

副作用が発生しますが、生薬も例外ではありません。

ただ、西洋薬に比べてはるかに副作用発生の率が低いと言っていいでしょう。


生薬も「薬」です。

過ぎた量を服用すれば毒にもなるということだけは

留意しておかねばなりません。


なぜ生薬が良いのでしょうか?

自然の生薬を用いた漢方薬は、

主に人間が本来持ち合わせている自然治癒力、

免疫力を増強させることで病気を治します。


従って、西洋薬のようにすぐに効果が現れるものではありませんが

身体に負担がかからない(副作用が少ない)ところが素晴らしい点です。


生薬を組合わせて作ったのが漢方薬


漢方は約2千年以上前に中国で発達した医学で、

症状に合った生薬の組合わせを生み出しました。

それをもとに、日本の現状に合わせて発展させてきたのが、漢方薬です。


生薬の組み合わせは無数にあります。

ある時は複数の薬効を持たせるために調合されたり、

またあるものは生薬の一部の作用を打ち消すために

別の生薬を合せる事もあります。参考文献:麻耶堂製薬ホームページより


生活習慣病改善薬

それが、麻耶養命散(まやようめいさん)です。

いつ飲めばいいのですか?

朝昼晩の一日3回、食間



「きちんとした医薬品で動脈硬化を治しましょう。」

麻耶養命散(まやようめいさん)は動脈硬化に良く効きます。





長年、連れ添った体をもっと大事にしてあげて欲しい。


あなたの体には、あなたにしかできないのです。


この漢方薬を飲むことで、健康を取り戻し、


健康で素敵な人生を送られることを心から願っております。



【第2類医薬品】動脈硬化の妙薬 麻耶養命散(まやようめいさん) 1ヵ月分(93包)

価格:

10,080円 (税込)

購入数:


動脈硬化症や高血圧を防ぎます。

商品の特徴

・摩耶養命散は、強心作用、利尿作用を示す

12種の生薬を配合したエキス剤で、

体内での血液循環をよくするとともに、

高血圧症、動脈硬化症などの症状を改善します。

・服用しやすい、携帯に便利なアルミ分包包装です。

効果・効能

動脈硬化症・高血圧症・脳溢血・卒中及びその予防・脳充血

用法・用量

次の量を食間に服用してください。 成人(15歳以上):1回1包、1日3回

成分
20包中 下記生薬より製したエキス30g含有 キョウニン9.0g、ニンジン3.0g、

ケイヒ9.0g、シャクヤク9.0g、ダイオウ6.0g、ショウキョウ6.0g、トウキ12.0g、

マオウ9.0g、センキュウ9.0g、ボウフウ12.0g、カンゾウ6.0g、キョウカツ12.0g、

添加物:セルロース、水酸化Al

【第2類医薬品】動脈硬化の妙薬 麻耶養命散(まやようめいさん) 1ヵ月分(93包)

価格:

10,080円 (税込)

購入数:

ページトップへ